就職活動をする学生にとっては、夏でも冬でも忙しく活動することが多いため大変です。

寄り良い印象を与える面接とは

冬の面接試験での注意ポイントについて

寄り良い印象を与える面接とは 就職活動をする学生にとっては、夏でも冬でも忙しく活動することが多いため大変です。そんな就職活動では季節ごとのマナーというものがあります。特に冬の面接試験の時は注意する点があります。それは服装のマナーです。面接試験の場合、基本的なマナーにそった服装があります。ビジネススーツや白いワイシャツや靴やカバンなどありますが、冬はそれにプラスしてコートやマフラーなどを着用することが増えていきます。ではコートやマフラーのマナーですが、それは面接の時のいつ脱ぐかにあります。コートやマフラー自体は基本のマナーにそって落ち着いた色の物を選ぶ人は多いですが、面接の時にコートなどを脱ぐタイミングを間違える人は多いです。

まずコートやマフラーを脱ぐタイミングですが、企業に入る前の外で脱ぐのが基本的なマナーです。マフラーは鞄の中にしまい、コートは縦に折りたたみ腕にかけてから企業の中へ入ります。そこで受付を行い、面接会場へ移動します。多くの人は受付終了後に、面接会場前の廊下などで脱ぐ人が多いですが、それはマナー違反です。受付の時点から面接は始まっていますので、コートを着たまま受付はしないように気をつけることが大切なポイントになります。

Copyright (C)2019寄り良い印象を与える面接とは.All rights reserved.