就職活動をしている中で大変なのは面接試験です。

寄り良い印象を与える面接とは

就職活動での面接試験のコツ

寄り良い印象を与える面接とは 就職活動をしている中で大変なのは面接試験です。初めて会う面接官と緊張しながら会話をすることは誰だって苦手意識を持つでしょう。どのような質問が来るかわからない中、自分が答えに窮するような質問が来る場合もあります。そのような場合に、絶対にしてはいけないことは、知ったかぶりをすることです。自分を良く見せようとして、背伸びをしても逆効果です。それよりも面接官が好感を持つのは正直に「わかりません」とか「忘れていました」という言葉です。それも暗い顔をして暗い雰囲気で言うのではなく、明るく笑顔で堂々と言うと良いでしょう。

面接官だって人の子です。面接試験を受験してくれた人を落とそうと考えて面接をするわけではありません。その人の良い部分と悪い部分を探そうとしていると考えて良いでしょう。悪い印象をできるだけ与えないように、どのような質問に対しても明るく爽やかにハキハキと元気に受け答えをするだけで印象はバツグンに良くなるでしょう。

答えた内容ははっきり言ってどうでも良いと考えた方が良いかもしれません。もちろん、正直に言うべきことは言わなければなりませんが、それよりも受け答えの印象を限りなく良い方向に持っていくように努力することが大事です。

Copyright (C)2019寄り良い印象を与える面接とは.All rights reserved.