就職活動や転職活動で重要となってくるのが面接です。

寄り良い印象を与える面接とは

面接時の服装には気を使おう

寄り良い印象を与える面接とは 就職活動や転職活動で重要となってくるのが面接です。しかし、いざ面接という時に何を着ていけば良いのか、と悩む事もあるでしょう。応募する企業や業界によって異なる部分はありますが、一般的にはスーツが基本とされています。

スーツは第一印象も良く、誠実性や信頼性を相手に与える事が出来るので、服装の指定が無い場合でもスーツを着用される事をお勧めします。しかし、それだけスーツには相手に与える印象力を持っているという事を覚えておきましょう。

例えばシャツに汚れが付いていたり、スーツ自体のサイズが合っていなかったりすると清潔感がないと見なされマイナス印象からのスタートとなってしまいます。スーツは必ずサイズの合った物を着用して、クリーニングをしておくか新品を用意しておきましょう。また色は無難なダークな色合いを選ぶようにしましょう。派手なスーツ、シャツ、靴などはあまり面接の場には相応しくないので控えましょう。そして、スーツの中でも重要なアイテムであるネクタイにも気を使っておきましょう。たかがネクタイと思う方も多いですが、相手から見ると胸元にあるネクタイは一番目立つ物です。曲がっていなか、結び目は整っているのかを出掛ける前にチェックしておきましょう。色合いも落ち着いた紺色などが良いでしょう。

Copyright (C)2019寄り良い印象を与える面接とは.All rights reserved.