転職や就職の時の面接では、誰もが緊張してうまく自己アピールできないこともあるのではないでしょうか。

寄り良い印象を与える面接とは

面接で自己アピールをしよう

寄り良い印象を与える面接とは 転職や就職の時の面接では、誰もが緊張してうまく自己アピールできないこともあるのではないでしょうか。面接が終わった後に後悔しないように、事前に面接の練習をしていくと良いと思います。面接官によりよい印象を持って頂けるように、清潔感のある格好で面接に挑み、質問には、はきはきと受け答えをし、自分の積極性や責任感などの特徴をアピールすることを心がけると良いと思います。

面接の終わりに、「最後になにか聞いておきたいことはありますか」と聞かれる面接官はかなりいると思います。この質問の趣旨は、疑問に残っていることはないか、まだ分からない所があるのではないかと心配して聞いてくれているのではなく、面接官はその人のやる気や積極性を試していると思われます。ですから、「特にありません」「大丈夫です」と答えるのは絶対にやめましょう。

自分の興味のある部署やもし採用になった時に具体的にどの様な仕事に携わらせて頂けるか、どの様な職場なのか、または何を勉強しておけば入社後の仕事に役立てられるか、自分の積んできた経験で不足するもの等、具体的に働いている時のことをイメージして、自分のやる気をアピールし、良い印象を持って頂くことが重要だと思われます。

Copyright (C)2019寄り良い印象を与える面接とは.All rights reserved.