正社員でも契約社員でもアルバイトでもパートでも、どんな仕事に就く場合でも求人に応募をして採用試験を受けることになります。

寄り良い印象を与える面接とは

面接で一番大切なのは第一印象です

寄り良い印象を与える面接とは 正社員でも契約社員でもアルバイトでもパートでも、どんな仕事に就く場合でも求人に応募をして採用試験を受けることになります。そのなかで必ず行われる試験が面接試験です。面接官と対面して質問などに答えることになります。ではなぜ面接試験が行われるかですが、企業としてはどんな人なのかを知る必要があるためです。面接してみて、とてもはきはきしゃべる人だなとか、笑顔があって印象が良いや、とても積極的な人だなといったように、その人を知るために必要な試験になります。そんな面接ですが、一番たいせつなのは実は第一印象になります。

初めて面接室に入った時の最初のひと目で、大体人の印象というのはきまります。その為、多くの先生や大人から言われることは面接の時の服装などのマナーはしっかり守るようにと注意される理由です。基本的にはビジネススーツやジャケットなど、面接の場にふさわしい洋服が望ましいです。もちろんそれはアルバイトやパートの面接でも同じです。どうせパートだからと軽視して面接を受ければ、それだけ第一印象からイメージは悪くなってしまいます。しっかりとカジュアルな服装は控え、マナーを守った格好をするようにします。しっかりとした服装をしているだけで、常識のある人だという印象を与えることができます。

Copyright (C)2019寄り良い印象を与える面接とは.All rights reserved.